デビットカードはお金を持ち歩かないお財布みたいなものです。

 

最近デビットカードという言葉を耳にするようになりましたね。

クレジットカードは既に一般的なのでお分かりの方が多いと思いますが、デビットカードというと耳慣れないだけあってどんなカードのことを言うのかお分かりではない方も多いのではないかと思います。

 

そこで簡単に違いをご説明致します。

 

クレジットカードというのは、支払い時にカードを利用すると通常毎月一回の締日に利用明細金額をまとめて、翌月の指定日に銀行口座から引き落とされる仕組みになっています。

一方、デビットカードというのは、支払い時にカードを利用すると、その瞬間に銀行口座から利用金額が引き落とされる仕組みになっています。

 

つまり、クレジットカードは後払い、デビットカードは瞬時払いのカードなんです。

 

クレジットカードは、現在現金が無かったり、銀行口座に余裕が無い場合でも、買い物することができるメリットがあります。

 

銀行口座からの引き落としは翌月の引き落とし日なので、今お金が無くてもその時までにお金があればいいわけです。
デビットカードは、カード利用時に銀行口座から瞬時に引き落とされてしまうので、銀行口座に残っている金額までしか買い物はできません。

 

現金を持ち歩かないで買い物ができるという意味ではクレジットカードと同じ機能ですが、銀行口座にお金が無い限り利用することはできません。

 

こうみると、クレジットカードの方が断然お得に思えますが、一方でデメリットもあります。

 

今お金が無くても買い物ができてしまうので、ついつい余計な買い物をしてしまいがちになります。

口座引き落とし明細を見て、初めて無駄な買い物をしてしまったと嘆くことも少なくありません。

 

一方、デビットカードの場合は、口座にお金がある範囲でしか買い物はできないので、無駄な買い物をする機会は減ります。

現金を持たないけれど現金の範囲で買い物をしているのと同じなので、クレジットカードの様に請求明細を見て愕然とする可能性は低くなります。

 

どちらにも一長一短がありますので、それを踏まえてご利用されるのが良いと思います。