クレジットカードは買い物の支払いをする時に提示するとクレジット払いで支払う事が出来るので手持ちの現金がなくても買い物が出来てしまいます。

それが楽天カードになりますが、楽天デビットカードは少し異なってきます。

 

楽天デビットカードは買い物の支払いをした時に提示すると購入した代金が登録してある銀行の口座からすぐに引き落とされる形になります。

そのため楽天デビットカードで買い物をする時は手持ちのお金がなくても登録してある楽天銀行の口座に購入する代金分のお金を入れておかなければいけません。

 

楽天カードと楽天デビットカードのそれぞれの特徴を見てみると楽天カードの方がお金の事をあまり気にしないで買い物を出来るというメリットがあります。

しかしお金の事を気にしなくなってしまうと金銭感覚が麻痺してしまう可能性があるので使い過ぎてしまう事もあります。

 

そのため使い過ぎを防止したいと考えている場合は購入した代金が登録してある楽天銀行の口座からすぐに引き落とされる楽天デビットカードで買い物をした方がいいかもしれません。

 

楽天デビットカードは16歳以上で楽天銀行の口座を持っていれば作る事が可能です。

また楽天デビットカードは国内だけではなく海外でもブランドの加盟店であれば利用する事が出来ます。

 

そのため海外旅行に出かける前に登録している楽天銀行の口座に買い物する費用を入金しておけば海外旅行中の買い物は楽天デビットカードで出来てしまいます。

特に女性はいろいろなファッションブランドの買い物をする人が多いので海外旅行によく出かけるという人は楽天デビットカードを作っておいた方がいいでしょう。