VISAデビットカードが一般的なクレジットカードの代わりになるか?」は、個人の利用目的次第で大きく変わってくる要素です。

 

まず、「VISAデビットカード」はキャッシングによる借り入れ機能が利用できないカードの一種なので、基本的にお金を借りる目的としては使用する事ができません。

その分だけ審査や年会費の必要性が生じず、銀行口座を持っていれば誰でも発行する事が可能ではあります。

 

ショッピングなどで使用した金額は即座に登録してあるジャパンネット銀行の口座から引き落としとなり、残高がなければ原則として支払いは完了しない仕組みとなっています。

よって、ジャパンネット銀行の口座自体に残高がない状態では保有しても無意味なカードと言えますが、逆に使いすぎで金銭的なトラブルを起こす心配もない部分は利点とされます。

 

また、キャッシング対応カードとは異なる仕組みを採用しているものの、通常のVISAカードと同じ支払い性能を持っているのが特徴で、外貨支払いが必要な場面でも少量の手数料のみですぐに手続きが可能です。

 

店舗によっては支払い方法がクレジットカードのみの場合も想定され、ショッピングサイトを多用する人は持っていて損のないカードに該当します。

 

結果として、お金を借り入れしたい状態では不適切なカードとなりますが、ネットショッピングや海外での買い物といったVISA機能を必要とする場面において、手続きの簡略化と最小限の手数料を実現するのには最適なカードと言えます。

 

VISAデビットカードはクレジット機能はありませんが便利です

 

ジャパンネット銀行VISAデビットカードとは一般のクレジットカードとは形態が根本的に違います。

クレジットカードというのは信販会社に代金の立替を行ってもらったり、立て替えてもらった代金を信販会社に返済したりすることができるカードのことを言います。

 

それに対してデビットカードとは自らの預金口座から代金を直接的に支払うことができるカードのことを言います。

端的にいえばクレジットカードは借金をするのと同じで、ジャパンネット銀行VISAデビットカードを含むデビットカードは原則自己資金の範囲内での利用になります。

 

その為、クレジットカードの場合はカードに設定された利用限度額以内であれば自由に代金の支払いに充てられるのに対し、デビットカードの場合は自分の口座の預金残高以上の代金を支払うことはできません。

それではVISAなのに意味が無いと思われるかもしれませんが、デビットカードというのは様々な種類があり全てがどこでも利用できるわけではありません。

 

VISAが発行しているデビットカードというのは、極端に言えばVISAがカードを保証しているのと同じで、VISAのクレジットカードを利用できる店舗であれば利用できるのです。

デビットカードは自分の口座から払っているだけなのですが、現金を持ち歩いたり、ATMで手数料を払って現金を引き出すロスを考えればデビットカードにもメリットがあるのです。

 

また、ジャパンネット銀行VISAデビットカードの場合、カードを持つのに審査は不要、年会費も無料、海外のATMでも口座から現金を引き出すことが出来るなどのメリットがあります。