「楽天カード」はクレジットカードの中でも審査のハードルが低いといわれています。

 

無職の人でも通ったという報告もありますし、主婦やフリーターでも大丈夫だったという報告もあります。

 

しかし、誰もが通るかというとそういうわけでもありません。

いくつかのポイントをみていって、自分が該当するかしないか、審査を通りそうかどうか確かめてみましょう。

 

まず、過去に滞納歴や、多重債務などはないでしょうか。

クレジットカードは信用が大事ですから、ブラックリストに入っているような人は審査を通過することが難しくなっていきます。

 

最近他のクレジットカードの審査に落ちた人というのも注意です。

 

過去半年から1年ぐらいの期間の間に他社のカード審査で落ちてしまうと、他のカード会社もその情報を共有している可能性もありますから、心当たりがあるという場合は、安定した収入などがあってもここが引っかかる可能性もゼロではありません。

 

これらのポイントに引っかからない場合、あとは審査の評価を上げることを考えて申請すれば、審査を通過する可能性は高まります。

 

収入は多ければ多いほど審査には有利ですから、収入がある場合は「手取り」ではなく総額が多くなるはずの「税込み」で記入しましょう。

 

電話番号というのも大事です。

携帯電話の番号だけではなく、自宅に電話がある場合はしっかりと書き込むことで信用が高まります。

 

「キャッシング」を利用する予定がない場合にはキャッシング限度額という欄を「0万円」にすると、審査が有利になるといわれています。

 

あとは嘘偽りを書かずに、記入欄に不備のないように丁寧に書いていけば、審査を通る可能性が高まるはずです。