クレジットカードを作る際、出来るだけ高還元率のカードを作りたいと思うのは当たり前の事だと思います。

最近、年会費無料のクレジットカードが増えている中、年会費と還元率との噛み合いを考えてクレジットカードを作ることが重要になっています。

 

なぜなら、一見、還元率が良いクレジットカードでも年会費が高額な場合もあるからです。

そのような年会費がかかるクレジットカードの場合、年間いくらそのカードを利用するのかで還元率のお得さが変わってきます。

 

例えば、年会費無料で還元率の高いクレジットカードと言えば、「レックスカードライト」が挙げられます。

このレックスカードライトの還元率は年会費無料の物で、1.25%。

年会費が2500円かかる通常の「レックスカード」で、1.75%になっています。

 

しかし、この年会費も条件付きで無料にでき、初年度は無料、翌年からも年間50万円利用する事で無料になります。

なので、同じカードでも利用額によっては、年会費を払って還元率の高い方を利用するほうがお得になる場合もあるのです。

 

その他にも、「リクルートカードプラス」なら、還元率が2%にもなります。

しかし、年会費が2000円必要になってきます。

 

同じリクルートカードでも還元率が1.2%で年会費が無料の物もあるので、このカードにおいても年間の利用額が重要になってきます。

 

このように一概に年会費が無料だからお得、年会費がかかるから損といったことではありません。

年間の利用額によってカードを選ぶ事が重要になってくるという事が言えるのです。