クレジットカードにはさまざまな種類がありますが、中でもイオンカードと楽天カードは身近な存在として多くの人から人気を集めています。

 

そのため、イオンカードか楽天カードのどちらかを選ぼうかと悩んでいる人も少なくありません。

 

そこで、以下では、イオンカードと楽天カードの特徴について比較してご紹介していきます。

 

1.ポイント重視なら楽天カード

イオンカードと楽天カードはどちらもポイントサービスが充実したクレジットカードですが、特にポイントを重視して選ぶのであれば楽天カードがオススメです。

 

楽天カードはポイント還元率が1%とかなり高い水準にあることに加え、楽天市場など貯めたポイントをさまざまな場面で使いやすいためです。

 

また、ポイントの付与もイオンカードは1000円~なのに対し、楽天カードは100円~であるため、少額の利用が多い時でも安心してポイントを貯めていくことができます。

 

2.ゴールドカードを目指せるイオンカード

イオンカードの特徴は、特定の条件を満たすことで年会費無料のゴールドカードに招待されるという点です。

 

もちろん、ゴールドカードになれば、クラシックカードよりも高いサービスが受けられますので、長期的な視点で見るとイオンカードのメリットも大きいと言えます。

 

また、イオンカードはイオン系列の店舗で利用する場合に割引やポイント還元率のアップなど多くの特典が付くため、普段からイオン系列のお店を頻繁に利用しているという方はイオンカードの方が利便性が高いでしょう。