ANAクレジットカードで無料旅行

 

私はANAのクレジットカード「ANAカード」を利用しています。
もともとクレジットカードは必要ないと思っていましたが、社会人になり私が勤めている会社はよく遠方に出張があります。
そのためマイルを貯めることができる、このカードは出張の多い私にとって最強のカードです。

 

私は月に2~3回神戸から関東に出張する私は飛行機代を必ずクレジットカードで支払うようにしています。
するとどんどんカードのマイルは貯まっていくのがわかり日々の楽しみの一つになっています。

 

タイトルにあるように会社の経費でマイルを貯めて、年に1回貯まったマイルで「交通費無料の旅行」を楽しんでいます。
この旅行は交通費が掛かりませんので、その他の食費や買い物などにお金を使うことができますので、贅沢な旅行にすることができます。

旅行の食事を少し豪勢にするだけで、旅行の楽しさがずいぶんと変わります。

 

私は仕事をしながら毎年交通費無料の旅行を楽しむことができるこのカードを非常に気に入っており、出張の多い友人にもこのANAカードを薦めています。
その友人は関東だけでなく全国どこへでも出張があるので、このような交通機関系のクレジットカードは非常に有利です。
薦めた友人もクレジットカードを作り、「マイルを貯めて旅行に行く」といってくれましたので、薦めてよかったなと思います。

 

またクレジットカードですので普通の買い物でもマイルは貯まっていきます。
ですから普段の買い物でもこのカードを利用し1回でも多く旅行ができるように努めています。

 

あまり使いすぎないようにすることに注意しなければなりませんが、私は浪費癖がありませんので、その点は大丈夫であると思います。
これからもこのカードとうまく付き合い、充実した日々を過ごす計画です。

 

また機会があれば他の友人にもこのANAカードを勧めていきたいと思っています。

 

 

ANAカードの魅力

 

私は、「ANAカード」のクレジットカードを使用しています。

ANAカードは、別の旅行会社が出しているクレジットカードと比べると、ポイントが加算される率が悪いと感じる場合もあるかもしれません。

 

でも私が住んでいる地では、飛行場から飛んでいる飛行機が、実家まで帰るのにANAしかないため、必然的にANAカードしか作ることができませんでした。

それで、ANAカードを作って使用することにしました。

 

何でも生活しいく上で、必ず出費が出るものはANAのクレッジットカードから引き落とされるようにして、「マイル」を貯めています。

そうすると意外にも、ポイントは貯まっていき、マイルに変換できるようになるまでになります。

 

そのほかにも、こまめに貯める方法を探して、マイルを加算させています。
例えば、ガソリンを入れる時にもANAカードと提携しているところから入れるようにしています。

提携店は、「出光」や「エネオス」などがありますので、必ずそこを利用します。

そうすると、ポイントがつく以外にもガソリン1リットルあたり1円2円の割引になるのでとても得をしている気分になります。

 

買い物をする時も必ずANAのクレジットカードで買い物するようにしています。

ポイントが倍にということはありませんが、使った分だけマイルが貯まることにかわりはありませんので、一番得する方法で溜め込んでいます。

 

ANAカードは、自分たち家族の分以外にも、親族の分までマイルを私用することができます。

いざという時に協力し合って飛行機を利用することができるのは、ANAカードのとてもよい点だと思っています。

 

どのシーズンに搭乗するかで、マイルが違います。

ですが飛行機に乗ることがなくても、ポイントに応じて、ANA会員だからこその特典を受けることができますので、無駄になることは決してありません。

これからもANAカードを愛用しつつ、活用していきたいと思っています。

 


ANA カード

 


 

 

有意義な空の旅には最高のクレジットカードで

 

 

私は様々な地方へと飛び回る者です。

昔より身近になり、今や新幹線と同じ感覚で飛行機を利用する方はそう少なくはないでしょうか。

 

私が紹介するのはそんな飛行機を利用する人々全てに知ってもらいたいクレジットカード「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」をご紹介します。

 

わかりやすく説明する為に、このカードを所持していなかった頃の私と今の所持している私を比較しながら述べたいと思います。

以前の私は、東京からアメリカシアトルへとANA便を搭乗することになりました。

この時私の横の席にいる人がいらっしゃいました。

その人は機内販売にて何かキャンドルのようなものを販売員から受けとったのです。

 

それは私にとってとても魅力ある商品でしたので、私もこの際同じのを一つ購入するようにしました。

販売員に購入する趣旨を話すと快く取引をさせていただいたのですが、値段がさっきの人と若干違かったのです。

どうやら先客が持っていたカード、ANAゴールドカードがあると割引で商品を買えるということでした。

 

私はその当時貧乏であったためこの少ない差額さえ許せなかったのです。

それからというものシアトルに着くまではそのカードを持っている人にどのようにすればそのANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードが手に入るのか、必死に尋ねていました。

もしこの時ANAダイナースカードがあったら「周りに見せびらかすようにおもむろに懐からカードを取り出しかっこよく割引を決めていた」かと思うととてもいい気分だったのではないかと思います。

 

そのカードや内容を聞く内に私の収集欲は頂点に達し私は日本に帰ってくるとすぐさま登録申請を出した記憶があります。

また海外で仕事をしていた時、自分で決めたホテルがあり私は疲れた体をホテルでリフレッシュするかのようにそのホテルで短いながらも至福のひとときを味わいました。

 

しかしこのホテルの滞在費用は会社から支給されることもなく自分持ちであった為、請求書を見たときはその微妙な金額の高さに鼻で笑いました。

しかし後で気づいたことなのですがこのホテルANAホテルズの宿泊割引対象だったことを知りました。

もしこの時ANAダイナースカードがあれば請求書を見て鼻で笑うことなく、大声で下手な関西弁で「ホンマかいな・・・」とそのあまりのお手軽さに驚嘆していたでしょう。

 

以上の比較にてこのANAゴールドカードどのくらい優れているのかもう貴方に十分お分かりいただけたかと思います。

しかし、実はもっと多くの特典が存在するこのANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード、もっと調べるとさらにお得な情報がたくさんあるのです。

 

このカードとてもすばらしいツールですので是非読者の手にとっていただきたい物です。

 

ANAカードCM/ビジネスマン

 


 

ANAカード

 

㈱全日本空輸が発行するクレジットカード

出張の多い営業マンが利用するとマイルがどんどん貯まる

 

ANAカード公式サイト