入手しやすいクレジットカードと難しいクレジットカードの違い

 

クレジットカード」とは、そのカードに登録された個人情報を担保として、発行している信販会社から資金を借り、ローンや分割などの割賦取り引きなどを行う事が出来る仕組みになっています。

ある意味では信用を前提としたカードと言えます。

 

ですから、基本的にはクレジットカードを契約する際には、その契約者の収入や、クレジットカードに求める様々な条件、例えば、希望する支払限度額やキャッシングサービスの有無に対して、その契約者がどれだけ返済義務を満たすことが出来るかなどを審査されます。

その審査に通ってはじめて発行される物です。

 

ですから、基本的には、職を持っていない方や、信用情報と呼ばれる、金融業の間で交わされている個人の借金や滞納などを記した情報に何らかのマイナス点がある方には、原則としてクレジットカードを発行されることができないといえます。

それでも諦めないでください。

ここで様々な点に注意をしてしっかりと手続きをすることで、無職の方でもクレジットカードを契約する事が出来ます。

 

その大前提の一つが、職業がなくとも、何らかの「現有資産」を持って居るかどうかと言うことです。

 

例えば、仕事はなくても貯金として数百万や数千万のお金がある場合には、この預貯金の数字を示すことで、それを一種の担保情報と認めた上でクレジットカードを発行してくれる会社も存在しています。

 

更には、「不動産」や「自動車」など、ある程度、資産として認められる財物を持って居る場合も、クレジットカードの契約条件によっては、職が無くとも認められます。
クレジットカードには、実は2種類のサービスが基本的に付随しています。

 

一つは、いわゆるローン購入や一括購入などと称される「ショッピング枠」というものです。
これは、クレジットカードで物を購入する場合や、オンライン取り引きで決済する際に利用できる買い物の限度額を示しています。

 

そして、もう一つが、「キャッシング枠」と呼ばれる物です。

これは、キャッシングという言葉が示すとおり、カードを使って信販会社から現金を借りる事を指します。

 

そして、このキャッシング枠が、無職の方でもクレジットカードを、場合によっては契約できるミソとなります。
このキャッシング枠は、カードを申し込む際にどの程度、キャッシングを利用できるか、あらかじめご自身で決める事が出来ます。

 

例えば、全くクレジットカードでお金を借りるつもりがない方はキャッシングを0円とされる場合もありますし、万が一の事を考えて、キャッシングを30万円に設定する方もいます。

そして、このキャッシング枠をいくらに設定するかによって、クレジットカードの審査を通るハードルの高さが変わるのです。

 

無職の方は、出来るだけキャッシング枠を0円にして申請をしてみて下さい。
それでも契約不可のクレジットカードもありますが、場合によっては申請が認められる事があります。

 

特に、銀行系やカード会社自身が発行しているような顧客を敢えて取り込む必要がないカード会社ではなく、キャンペーンやCMなどを大々的に行っている、出来れば顧客を多く増やしたいとしているカード会社を選ぶ事も、審査を通りやすくする条件と言えます。

 

宣伝を出す、或いはスーパーや家電量販店、ショッピングモールなどの出入り口などでよく見かける、クレジットカードの加入キャンペーンを行っているような信販会社の物は、比較的審査が通りやすい事が多いのです。

そういった所を利用するのも十分有りな手段と言えます。