今現在無職の場合、クレジットを作りたくても難しかったりします。
ただどうしても作りたいときには、工夫をすることでつくることは可能になるのです。

 

まず、家族にクレジットカードを所有している方がいる場合、「家族カード」を作ることでクレジットカードを持てるようになります。
家族カードの場合には難しい審査などもありませんし、申し込むことでほぼ確実にカードを作ることができます。
家族がクレジットを所有している場合には、家族に相談してみるとよいでしょう。

 

ただ中には、家族に相談することに抵抗がある方もいらっしゃると思います。

そんな時には、「派遣社員」として登録を行ってみるとよいです。

 

クレジットカードを作るときには、まず返済のため職を持っていることが条件になります。
ただ職を見つけたいと思ってもすぐに見つかるわけではありませんし、面接を受けても落ちてしまうこともよくあります。
さらに、人によっては現在病気で仕事ができない方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで、先ほど述べた派遣会社への登録が活きてくるのです。

派遣会社の場合には、よほど難がなければだれでも登録することができます。

 

ここが審査に受かる確信となる要素ですが派遣会社に登録を行った時点で「派遣社員」を名乗ることができるんです。

ですので、クレジット会社に申し込んだとき審査に通る確率も高くなります。

 

また派遣の場合には、仕事をするのもしないのも自分で自由に選択することができますので、病気で働けない方でも気軽に登録することができます。

 

他にも、放送大学に入学することによって「学生カード」を作ることができます。
放送学校は入学に際して試験なども必要ありませんし、自宅で勉強することができますので、だれでも負担なく入学することができます。
何か勉強したい分野がある場合には、放送大学に通うようにすると一石二鳥です。

 

このように、無職の状態でもクレジットカードを作ることは可能になりますので、複数の中から事情に合った方法を選ぶとよいです。

 

クレジットカードを作る裏ワザ

 

無職の状態では、クレジットカードに申し込んでも審査に通ることは難しいのが現状です。

そのため、無職の方はクレジットカードへの申し込み事態を諦めてしまいがちですが、場合によっては審査に通ることも可能になるのです。

 

まず、無職といっても今まで全く働いた経験のない方と、理由により仕事をやめざる負えなかった方が存在します。
今まで全く働いた経験がない場合には審査に通ることもほぼ不可能になりますが、何らかの形で仕事をやめたという方の場合、その事情をカード会社に説明することによって審査に通ることもあるのです。

 

その他に、「ネット銀行」系のクレジットカードに申し込むという方法もあります。

 

ネット銀行系のカードの場合、審査が比較的緩いという特徴があります。
また、定期預金をしている銀行がある場合には、定期預金の額が評価されクレジットカードを作れる可能性もあります。
今現在定期預金をしている場合には、その銀行にクレジットカードを申し込んでみるとよいでしょう。

 

銀行系以外にも、「消費者金融」系のカードでも審査に通りやすいカードも存在します。

一般的にクレジットカードは定職がなければ作ることも難しくなりますが、消費者金融系の場合には、「アルバイト」やパートでも作れるものもありますので、エントリーしてみるのもお勧めです。

 

アルバイトやパートの場合、働く時間や曜日についても都合がつけやすくなりますね。
週に12日、数時間の仕事でも仕事をしていることになりますし、定期的な収入があるということになります。
この状態で審査の緩いクレジットカード会社に申し込むことによって、審査にも通りやすくなるのです。

 

このように、無職の状態でもクレジットカードを作ることは可能になります。
もちろんこれらの方法を試しても確実に審査に通るとは言い切れません。

 

ただ、どうしてもカードを作りたいと思った時には、試してみる価値はあるでしょう。