普通に買い物する程度ならクラシックがお勧め

 

Amazonのクレジットカードにはクラシックとゴールドがあります。

両クレジットカード共にAmazon買い物時で優遇されます。

 

クラシックなら『 1.5% 』、ゴールドなら『 2.5% 』とどちらもポイント還元率は高めです。

 

他のクレジットカードだと大体1%なので、これはかなりのアドバンテージ。

ポイント還元率だけで考えるとシルバーよりゴールドの方がお得なのですが、問題となるのは年会費です。

 

その辺りも含めてクラシックとゴールドを比較してみましょう。

 

クラシックのポイント還元率は1.5%なものの、年会費を無料に出来ます。

年会費自体は1,350円ですが、初年度無料。

二年目以降は年一回買い物することで無料に出来ます。

 

普段からamazonで買い物してる人ならこの条件はクリア出来るでしょう。

なので、『 実質無料 』と同じになります。

 

要するにamazon利用者にとって特に注意点はない上、1.5%という高いポイント還元をしてくれるのがクラシック。

 

片やゴールドのポイント還元率は2.5%と高いものの、年会費は『 10,800円 』。

 

1年間のカード利用代請求を6回以上にすると1,080円割引を受けられるものの、クラシックの無料条件と比べるとかなりキツイ。

しかもこの条件をクリアしても年会費は9,720円もします。

 

一応他にも割引制度はあります。

カード申し込み時に「マイ・ペイすリボ」に登録しておけば5,400円引きとなるんですよね。

 

でもリボ払いをすると、手数料がかかってしまいます。

リボ払い時の金利手数料は年利15.0なので、そんなにお得ではないんですよね。

 

カード利用代請求を6回以上、マイ・ペイすリボに登録しても、10800-1080-5400=『 4,320円 』の年会費は支払わなくてはなりません。

ゴールドの2.5%ポイント還元率は魅力的ですが、クラシックと比べると1%多いだけ。

 

1%のポイント還元で4,320円を埋めるとなると、相当難しくなります。

しかもリボ払いだと高い金利手数料が発生しますから、より難しくなります。

 

ゴールドカードにはAmazonプライム加入特典もありますが、それでもこの差を覆すのは難しい。

リボ払いの月々支払い設定金額を変更すれば高い金利手数料は改善されますけど、クラシックならそんな面倒な事考えなくても大丈夫。

 

私は、『 Amazonプライム会員 』に入ってますが、月平均1万円程度の買い物しかしないのでクラシックに加入しています。

 

この程度の使用頻度ならクラシックの方がお得になりますので、ご参考までに。

 

【検証!】Amazonでクレジットカードを作るのはオススメか?

 

クレジットカードは今では通販サイトからサービスが開始されているのは珍しくありません。

選択肢の1つとして選ぶ事も多くなりました。

 

その中でも大手通販サイトのAmazonでも「 Amazon Mastercard 」と称してクレジットカードの取扱を始めています。

 

これからAmazonでクレジットカードを作るとどの様な特典を受けれるのでしょうか?

気になる点を検証してみました。

 

1.ポイントの付与

 

Amazonクレジットカードでは新規入会で『 2,000円分 』のAmazonポイントが貰えます。

貯まったポイントは割引だけじゃなく、全額ポイントだけでも買い物が出来ます。

 

通常カードのクラシックは通常の買い物で1.5%付与。

Amazon以外が出店している業者でも1%分のポイントを貰えます。

 

プライム会員なら1.5%のポイントが『 2% 』になるのでよりお得です。

ワンランク上のゴールドの場合だと1.5%のポイントは2.5%になる以外はAmazon以外でも購入しても1%のポイントしか貰えません。

 

2.年会費

 

クラシックの年会費は初年度は無料です。

一回でも使っていれば翌年度も無料になります。

 

ゴールドになると年会費として10,800円(税込)の支払いが発生します。

但し、ご利用状況によっては割引が適用されて6,480円(税込)で済む場合もあるので必ずその年会費になるとは限りません。

 

3.入会特典

 

主にゴールドの特典になりますが、入会特典として

・プライム会員向けのサービスは使い放題

・全国主要空港ラウンジサービス

この2つの特典が受けられます。

 

(※ Amazonゴールドカード詳細ページ

プライム会員に入会していない人でも、ゴールドカードを持っていればプライム待遇を受けられます。

 

4.審査時間

 

クレジットカード発行までの時間はクラシック、ゴールド共に即時審査サービスを始めています。

毎日9:00~19:00の間なら即時に審査するのでカード発行可能の有無もすぐに連絡もらえます。

 

4つの点から検証してみると、AmazonマスターカードはAmazonを頻繁に使う人にはオススメのクレジットカードです。

逆を言えば、Amazonをそんなに使わないのであれば違うカードを探しましょう。

 

まずは、ご自身のAmazon使用頻度を振り返ってみて判断してください。

 

まずはクラッシックを一枚作るべき

n.mさん 30代後半女性 (兵庫県在住)

 

Amazonで買い物の機会が多いのであれば一枚は作るべきです。

クラッシックカードは一枚持っておいて損はありません。

 

我が家は小さな子供がいること、個人の会社を設立していること、Amazonプライムに入っていることでAmazonはヘビーユーザーです。

 

金額的には楽天の買い回りセールで10店舗買う方が安いのかも知れません。

 

ですが、Amazonのいいところは『 少額でも送料無料 』があることです。

 

またポイント還元の面で楽天はとてもいいのですが、『 会社の経費として使いにくい 』のです。

なので、一周廻ってAmazonを使うことが多いです。

 

子供関係のものは月一回あるAmazonのタイムセール祭りに合わせてまとめて買います。

オムツやミルクなどかさばって重いものを買い1万円以上行くようにしています。

 

それだけでAmazonタイムセールのお買い上げ金額1万円以上でポイント還元(カード使うことでもらえるポイントが増えます)に該当しますのでかなりお得ですね。

 

ゴールドカードにするかは使う金額次第です。

なぜかというと年会費が1万円かかるからです。

 

ゴールドカードというと響きはいいですがAmazonのゴールドカードは海外旅行の保険の充実具合や特典等は他の会社のゴールドカードに比べるとかなり劣ります。

還元率は2.5%還元ですがAmazonの買い物だけです。

 

本当にそれほどAmazonで買い物し続けますか?

最初にリボ払いの設定をすれば年会費を安くできますが「 本当にリボ払いで大丈夫ですか?

 

迷う方は、クラッシックをぜひ一枚。

 

他の買い物はハウスカードやチャージ特典のあるものが多数あります。

使い分けていくのが一番です。

 

Amazonクレジットカード公式ページ