クレジットカードを作る時には必ず「審査」があります。

誰もが安定した高収入を得ているわけではありません。

特に無職の場合は、その審査のことがとても気になると思います。

カード会社は何を基準に審査をしているのでしょう。

 

カード会社が重視しているのは、安定した収入があるか、確実な住居、返済していく能力です。
そしてより詳細に申し込み者の検討をしていく時に参考にするのが、申し込み書です。

こちらに書かれた内容に点数をつけ、その合計点で合否を審査します。

 

点数をつける項目は、年齢、職業、勤務先の規模、職種、年収、居住年数、住居形態、家族構成などです。

 

クレジットカード審査のチェック項目

 

・年齢

・職業

・勤務先の規模

・職種

・年収

・居住年数

・住居形態

・家族構成

 

この中でも重視しているのが、「勤務先の規模と年齢」です。

 

また過去の借入状況も見られます。

こちらは「個人信用情報センター」という機関があり、銀行、クレジットカード会社、消費者金融などからの利用者の履歴が収集されています。

これまで過去に消費者金融から借入があったり、クレジットカードでの延滞などがあれば当然審査の際にチェックされます。

 

ですが、これまでクレジットカードを持ったことがなく、消費者金融なども利用していなければ、当然マイナス要因はありません。

 

こうしてカード会社も独自の基準でその申し込み者が安全な個人なのかの見極めをします。

もちろん、年収や年齢は高く、勤務先は一流企業の方がポイントが高いのは当然です。

居住年数、勤続年数も長ければ長いほど信用は増します。

加えて賃貸物件よりも持家の方が有利で、一人暮らしよりも家族と同居している方がポイントが高くなります。

 

ですから現在無職でも、先月までは職業についていた、またこれまでクレジットカードなどでの延滞がない、実家で家族と同居というのは有利に働きます。

クレジットカード会社が居住形態を気にするのは、住んでいるところが分からなくなり、雲隠れされると一番困るからです。

 

その点両親と同居している場合はきちんと住居が定まっていますし、何かの際には親が肩代わりをしてくれます。
その点では両親と同居の方はポイントが高いです。

またその家が持家だった場合、居住年数が長い場合はより有利に働きます。

 

 

怖がることはないクレジットカードの審査

 

クレジットカードの利用開始における審査で最も重視されるのは利用者個人の「信用力」であることは間違いありません。
一般的には一定レベルの収入がることや定職があること、勤続年数や居住場所での滞在年数などが挙げられます。

 

また忘れてはならないのが他の金融機関での借入残高の有無です。
返済途中の「借入金や滞納の履歴」などがあるとクレジットカードの審査に通らない可能性が高いです。

 

もしこうしたマイナスポイントがないという場合は最近では無職の人でもクレジットカードが作れる時代になりました。
顧客獲得のための施策という一面は否定できませんが世の中における信用力というものの考え方が変化している様です。
条件にも寄りますが無職者にもクレジットカードの利用を認めるサービス業者は少なからず存在します。

 

ウェブサイトなどで申し込み時の条件として明記してあるところもありますし、たいがいはコールセンターを設置していますから気軽に問い合わせてみて損はありません。

 

無職者で審査が通る条件として代表的なものは「同居の家族に収入がある」場合です。
配偶者はもちろんのこと、同居の親がいることなども認められるケースがあるので問い合わせの時の材料にしてみましょう。
こうした場合は住居と緊急連絡先の確保も出来ていると見なされるので審査に通る可能性は高いです。

 

もうひとつ挙げられるのは「貯蓄の有無」です。
申し込み時点では定期的な収入がなかったとしても過去に継続して勤務して貯蓄を行っていて残高が証明出来たり、ある程度の資産を保有していることが信用力につながります。

 

また逆の考え方で、低い信用力でも使えるクレジットカードというものもあります。
使える利用限度額はかなり低めに設定されていてキャッシング枠はもちろん付帯しません。
それでも日常生活の中では使えると判断できるものがあります。

 

どうしても審査が通らないという場合には「デビットカード」などの使用を考えてもいいかもしれません。
登録した銀行口座に残高があれば決済に使うことが出来ますし利用出来る店舗も少なからず存在しますのでキャッシュレスの決済の場面では有効な存在です。