ガソリン代を安くする為には、どのガソリンカードがお勧めか?

ガソリンスタンドは主にENEOSサービスステーション、昭和シェル石油、出光興産、宇佐美石油、コスモ石油、エッソ・ゼネラル・モービルなどになっています。

・新日本石油

・昭和シェル石油

・出光興産

・宇佐美石油

・コスモ石油

・エッソ・ゼネラル・モービル

これらの中から、まずは、自宅や勤務先の近くにあるガソリンスタンドを選び、そのスタンドのガソリンカードを作るといった方法がべたな方法かと思います。

しかし、より、お得なガソリンカードを作る為には、そのような安易な作り方では意味がありません。

 

まず、ENEOSの場合、楽天カードの利用がお得になっています。楽天カードで支払う事で、100円で2ポイント還元されるため、その場での値引きはないものの、ポイント還元率で考えるとお得なカードになっています。

 

昭和シェル石油の場合は、シェル スターレックスカ-ドを使えば、ランクに応じてキャッシュバック単価が決まってくる仕組みになっています。

レギュラーガソリンで、リッター最大13円引きまでする事も可能となっており、最大限のキャッシュバックを行う事ができるようにまでなれば、非常にお得なガソリンカードになっています。

 

その他、出光興産の場合、もっとお得なカードがあり、NTTグループカードで継続してガソリンを入れ続ける事で、最大リッター40円もの値引きが可能になる場合もあります。

その上、ポイントも加算され、非常にお得なカードです。

 

この他にも、各社、ポイント還元やリッター○○円と言った形で値引きを行う事が可能になっています
が、値引き率においては、出光興産のNTTグループカードが非常にお得になっていると言えます。

チェックしておきたいガソリンカードと選び方

ガソリン代をいかに節約するか、いかに割引するかは、車を利用している人ならば重要なテーマの一つです。ガソリン代はクレジットカードによっても節約することができます。

ここではガソリンカードの選び方やおすすめのカードについてご紹介いたします。

 

・カードの選び方

基本的には普通のクレジットカードと同じで、ポイント還元率や割引などを重要視して選択すると良いでしょう。

また自動車のことを考えたときに、ロードサービスなどの特典があるカードは心強いです。ETCカードが発行しやすいかどうかも考慮のポイントとなります。

 

・おすすめのガソリンカード

1、コスモ・ザ・カード・オーパス

ガソリン代を安くするカードとして、コスモ・ザ・カード・オーパスが挙げられます。年会費永年無料という嬉しいカードです。コスモ石油で給油をしたときに、Lあたり2円~6円の割引が得られます。

 

ETCカードを無料で発行できるためドライバーにとって非常に魅力的です。

またそのETCカードを利用することでイオンの「ときめきポイント」が貯まり、イオン系列のショップでポイントが利用できるなど、まさに至れり尽くせりです。

 

2、ENEOSカードP

エネオス利用ならこのPカードがおすすめ。一般加盟店では還元率は0.6%ですが、ENEOSにおいては3%という高還元率になるカードです。

ロードサービスも付帯していて非常におすすめできます。年会費は初年度のみ無料です。

 

3、楽天カード

意外ですが楽天カードはガソリンにも利用が可能です。ガソリン100円に付き1P、つまり還元率は1%となっています。

またENEOS・JOMOでの利用時にはポイントが2倍になるなど嬉しい特典があります。楽天カードは普段使いのカードとしても強力なので、おすすめですよ。

 

以上となります。ぜひ参考にしていただけると幸いです。

初めて作るガソリンカード~エネオスカード編~

毎週必ずどこかで給油するであろうガソリン、今日ではガソリン代も徐々に下がったと思えば値上がりしたりと財布が痛い…1円でも安く給油したい

 

そんな声に答えてガソリン代を節約できるクレジットカード「ガソリンカード」が誕生し、現在では各大手サービスステーションより発行されガソリン代の割引だけでなく様々な特典も受けれる様になりました。

 

出来ればオススメは全部紹介したいのですが今回は「エネオスカード」に絞ってご紹介して行こうと思います、ご了承下さい。

 

エネオスカードとはエネオスより発行されているガソリンカードで年会費は1350円(税込み)程かかりますが、国際ブランドであるVISAカードで各割引サービス対応+特典(ロードサービス、があるので年会費の元は取れています。

 

現在は3つ(P、C、S)に分かれていますがこれから作るのであればPをお勧めします。

その理由としてPはCやSと違い割引サービスは無いですが「ENEOSや加盟店で1000円毎の使用で30ポイント(=30円)、一般のクレジット加盟店なら6ポイント(=6円)貯まる」と言う特典を受けれるのでガソリンを入れれば入れる程ポイントが溜まっていきポイントを使っての割引や商品交換と言ったサービスも受けれる汎用性が魅力的だからです。

 

またエネオスは「Tポイント」と提携しているのでTポイントを持っていればエネオスポイントをTポイントに交換する事が出来るのでその点でも魅力的です。

ただしこちらで受けれるのはPとSのエネオスカードだけですのでご注意下さい。

 

最後に今回はエネオスカードだけに絞って紹介しENEOSを上げるような記事になってしまいまるでエネオスの勧誘の様に見えましたが、ガソリンカードを作るなら自分がいつも使っているガソリンスタンドの親会社のを作った方が分かりやすく安全だと思いますので本記事はENEOSの場合と思って参考にして頂けると幸いです。

給油はカードがやっぱりお得!

車に乗っているなら、給油はカードがやっぱりお得です!

ガソリンカードを作るのに、どこのガソリンカードにしたらいいのか分からないからなかなか作れない……色々割引率などが違うから調べるのが面倒……という人は、よく行くガソリンスタンドのカードを作るのが一番です。

 

通勤などで普段通るルートが決まっている場合ならルート上にあるガソリンスタンド、家の近所のガソリンスタンドなど……。

 

ガソリンスタンドは固定されてしまいますが、わざわざ遠くのガソリンスタンドに行くとなると、そこまでのガソリン代でガソリンカードのお得分はすぐに無くなってしまいます。普段通る道にあるガソリンスタンドを利用するならそんな心配はないですよね!

 

ちなみに、私は車通勤ではないので、家の近所にあるよく行くスーパーの近くの出光のガソリンカードを持っています。

 

出光で使えるガソリンカードは、「出光まいどカードプラス」。出光SSで利用するとガソリン・軽油がいつでも2円/L値引き・灯油はいつでも1円/L値引きです。

年会費が永久無料なので、もし使わない月や使う金額が少ない月があっても安心で、クレジットカードをショッピングであまり使わない私にはピッタリです。

 

クレジットカードを給油以外でも良く使うという人は、カードの利用金額によって値引き設定が変更になる「変動割引制」のガソリンカードがオススメです。

給油やショッピングだけでなく、家賃や光熱費、携帯電話の支払いなどもカードに集約してしまえば、ガソリンがお得に給油できますよ。

 

「変動割引制」が採用されているカードとしては、ENEOSとJOMOで使える「ENEOS CARD S」や昭和シェルで使える「シェルスターレックスカード」、エッソ、モ―ビルなどで使える「シナジーカード」などがあります。

 

どのカードでも一回の給油値引き額を見ると対した金額ではないですが、少しずつでも確実に節約できますよ!
是非お試しください。