クレジットカードって持ってる便利ですよね。

今や、ほとんどの通信販売の決済はクレジットカードですし、映画や高速バスの席予約もできます。

外出先の食事の席でもクレジットカードで支払えば相手にお金を見せずに支払を済ませることができる優れものです。

 

現在、多くのクレジットカードは収入が無いと審査が通らないような仕組みになっています。

しかしながら、無職の人でもクレジットカードを持つ方法はいくつかありますのでご紹介します。

 

 

『ファミマTカード』

 

 

ファミリーマートやTSUTAYAなどで利用できるポイント併用のクレジットカードです。

新規で入会する場合は審査が難しいですが、既にポイント機能のみの「Tカード」を持っている場合、クレジット機能も付いているカードを作るのは比較的審査が簡単です。

場合によっては無収入でも作ることが可能です。

 

 

『家族カード』

 

 

夫婦や(18歳以下の子供で、高校生は除く)親子関係がある場合、本会員がクレジットカード会社に家族カードの申請をすれば作れるカードです。

信用や審査は本会員のカード使用状況や収入によりますので、家族カードをもらう人には審査が入りませんので、無収入でも大丈夫です。

強いて欠点と言うのなら、家族の協力が絶対不可欠なので、家族からの信用を得なければ家族カードを使うことは出来ないでしょう。

しかし家族との信用があり、どうしてもクレジットカードが必要な人にとっては嬉しい仕組みです。

 

 

『デビットカード』
ショッピングなどの決済を預金口座から引き落とすシステムのカードです。

買い物したい店舗のレジでこのデビットカードを提示して、専用の機器に暗証番号を入力して決済は終了します。

預金口座を使うので、今利用している銀行での手続きになります。

申請すれば会費や審査は特に無いので、すぐに発行されます。

クレジットカードは後日支払いになりますが、このデビットカードはその瞬間に引き落としが完了するタイプのカードです。

 

 

 

無職でも大丈夫だよ!クレジットカード申請

 

 

クレジットカードはショッピングだけではなく、月々の支払いやダウンロード料金など様々な利用がされています。

ポイントサービスやお得な優待もあり1枚は持っていたいですね。

 

<クレジットカード入会と収入の関係>

これだけ我々の生活に関係しているクレジットカードですが、入会となると色々な条件がります。

まず、安定した収入がある事。

ほとんどの会社でこの規約があります。

安定した収入とはサラリーマンで言うお給料ですね。
収入の大小はあまり関係なく、一定の収入が安定的(毎月)あれば問題ありません。

自営の方も年間の収入があれば特に問題ありません。

 

** それでは無収入の人はクレジットカードは持てないのでしょうか? **

 

<家族会員を利用した入会>

各クレジット会社は家族会員制度があり、カード保有者の家族であれば「審査なし」に発行される事があります。

実家に暮らしている家族や独身であれば、お父さんが保有しているカード会社に家族カードを申しこむだけで大丈夫です。

家族の収入は関係なく、本来のカード所有者の収入で判断されます。
年会費も無料のカード会社もありお得な制度ですね。

 

<スーパー系カード会社で申請する>

スーパー系とは流通系のカード会社です。

「イオンカード」や「セゾンカード」が有名ですね。

流通系カードは主に主婦層をターゲットにしているクレジット会社なので、比較的収入が少ない方や専業主婦で無収入でもカードが作りやすい傾向にあります。

ポイントもお得なのでチャレンジしてみる価値はあります。

 

<デビットカードを利用する>

デビットカードは通常のクレジットカードと違い、支払いが「リアルタイム」なのが特徴です。

つまり、カードを使用する度に銀行口座から支払いが引き落とされます。

つまり、月毎の掛け払いではなく、その時払いなのです。

その為に銀行口座には残金がある事が必須であり、リポ払いなども利用できないシステムです。

しかし入会の審査はほぼ必要なく、銀行の口座を保有していれば発行されます。

このカードであれば無収入の方でも保有できます。

最近はデビッドカードVISAやMASTERなども多く、使い勝手は通常のクレジットカードと変わりません。

 

どうです。

無収入でもクレジットカードが作れる事がお分かり頂けたと思います。

諦めないで申し込みしてみたらいかがでしょうか?