投資対象としてのビットコインについて

ビットコイン(Bitcoin)仮想通貨の代名詞と言ってもいい存在です。

 

しかし、そのビットコインは日本では圧倒的にイメージが悪くなってしまっており、またそのイメージは払拭されているとは言えません。

 

それはビットコインの取引所であったマウントゴックス事件が大々的に報道されたからにほかなりません。

 

それまでもビットコインは登場してから高騰に次ぐ高騰を続けていたのですが、マウントゴックス事件によってビットコインや仮想通貨はギャンブル的な要素が強く怖いもの、手を触れてはいけないものと言うイメージがついてしまいました。

 

仮想通貨の概念がよくわからない人には余計に胡散臭い印象を持ったともいえます。

 

しかし、マウントゴックス事件はビットコイン自体が胡散臭いということではなく、ある一人の個人の犯罪であったことを忘れてはいけません。

ビットコインが利便性が高く、投資対象としては優れているものであるということはマウントゴックス事件のあとでもビットコインの価値が下がり続けているわけではないことからもわかります。

ここ数年ではビットコインの価値は戻しつつあります。

 

世界全体から見てもビットコインをはじめとする仮想通貨を決済手段として認めたり、法的な整備も徐々に進んでいます。

今後さらに、仮想通貨が世界的に広がっていく可能性はかなり高いです。

 

仮想通貨でもダントツの知名度があり、また他の仮想通貨と比べてもケタ違いの取引量を誇っているビットコインが投資対象としても最も安心と言えます。

ビットコインについての簡単な解説

これから、ビットコインを利用してみたいとのことですが、はたして安全性は大丈夫なのでしょうか?

今回は、そんなビットコインについて簡単に解説してみたいと思います。

 

ビットコインは仮想通貨の一種であり、ネット上で全てやり取りを済ませる形になります。

ビットコインを手に入れる方法は簡単で、まずはネットにおいて、ウォレットと呼ばれるIDを取得することから始めます。

 

このウォレットは、文字通り財布であります。

銀行口座のような役割を果たすものだと考えてください。

 

そして、ウォレットを取得した後は、実際に現金やクレジット等でビットコインを購入すれば、ウォレットにビットコインが貯まる形になります。

 

このビットコインの使い方ですが、主な方法としては、モノを購入したり、何らかのサービスを受けた際の支払いに使用する形となります。

 

その場合、もちろん相手がビットコインでの支払いを受け付けている必要がありますが、通常の送金のように一旦銀行等を経由しなくとも、自分のウォレットから直接相手に支払うことが可能なので、手間がかかりませんし、手数料も無料もしくは格安というメリットがあります。

 

最近では、オンラインゲーム等を決済手段にビットコインを採用しているパターンも多いです。

 

また、ビットコインの最大の特徴として、通貨単位を気にしなくて良いという点が挙げられます。

 

例えば、日本からアメリカに旅行をしようと思うと、何処かで円をドルに換金する必要がありますが、ビットコインならば、換金という手段を用いる必要がありません。

外国の相手にもそのままの状態で支払うことが出来るのです。

投資可能かどうかという点で通常の電子マネーとは異なる

ビットコインは、電子マネーとは少々異なるものではあります。

もちろん電子マネーとしても使う事は可能なのですが、やはり投資が可能かどうか?という点では、通常の電子マネーとは大きく異なります。

 

一般的な交通系のマネーなどでは、投資目的で使う事はできません。

あくまでも、通常の現金代わりに使う事になるのです。

 

それに対してビットコインは、投資で活用する事もできます。

分かりやすく言えば、株券のようなイメージです。

 

株券というのは、常に値動きが発生するでしょう。

上昇したり下落したりする訳ですが、その動きを用いて利益獲得を目指す事になるのです。

 

ビットコインでも、そういう取引をする事は可能です。

基本的には、そのコインを取り扱う金融会社で登録手続きをする必要はあります。

 

それで換金などを行った後に、取引する事になる訳です。

もちろん自分の狙い通りに価格が上昇してくれた時などは、利益が生じる可能性はあります。

 

しかし交通系のマネーなどでは、そういう取引をする事はできません。

つまり、それが電子マネーとビットコインの主たる違いと言えます。

 

したがって資産運用などを検討しているなら、そのコインに関する会員登録をしてみると良いでしょう。

 

ただしビットコインは、リスクには注意を要します。

株券と比べてもかなり大きな値動きが発生するからです。

 

時には損失確定なども行わなければ、かなり大きな損失が生じる事がある点は、注意を要するでしょう。

仮想通貨には夢がありますが、ノーリスクではありません。

オリンピックに合わせて仮想通貨が広がる?

ビットコインという名前を知っていても、仕組みや買い方、使い方は知らないという方はまだまだ多いと思います。

 

仮想通貨(暗号通貨)は今やかなりたくさんの種類が登場し、取引されていますが現実的に、国内の実際の店舗で利用できる仮想通貨はありませんでした。

 

しかし最近、国により決済手段(貨幣と同じ役目)として認められたのがビットコインなんです。

 

国内ではビットコインを利用する人は今はまだ多くありません。

しかし、国外に目を向けると今やビットコインは通貨としての価値を獲得しています。

 

特に海外のバーや一部のスタバ等ではビットコインの支払いが可能な上、送金もとっても簡単で手数料も本物の現金を海外に送るよりも、無料もしくは超格安で送金できるメリットは大きいのです。

その為、国が違ってもビットコインの価値は変わらないので海外旅行等の為替で悩む場合でも利用できるメリットが徐々に広がりを見せてきています。

 

最近ではビックカメラがビットコイン決済を始めた事は有名ですが、今や暗号通貨はもう一つの通貨の価値を得てきているとも言えるのです。

 

特に海外ではキャッシューコーナーから出てくるお金が信用できない国も多いです。

本物のお金のほうが決済に時間がかかるうえ、クレジットカードなんて怖くて使えない…という国は、日本に住んでいれば信じられませんが実在するのです。

 

ではそんな国の方たちが、日本に来た場合はどうなるかと考えるとやはりビットコインを使えるお店が少ないのは困りますよね。

 

特にオリンピックが始まる2020年までに、海外の方でも安心して使える仮想通貨を使えるお店が広まりつつあります。

こうした背景を考えると、ビットコインは正当な通貨としての特徴を獲得し始めたと言っても過言ではありません。

ビットコインを利用した投資法ってあるの?

ビットコインは現金と違い、銀行のように「定められた場所」で「決められた責任者」がお金を発行・管理しているという概念が決まっていません。

ビットコインの売買は、各個人が取引所で自己責任でやり取りします。

 

購入できる環境が整えば、気軽に始めることはできますが、そこはFX(外国為替証拠金取引)同様で個人の知恵と運用しだいで良くも悪くもなります。

無知識で知らない状態で手を出せばリスクが高くなるので、手を出す前に知って自己知識を高めておく必要があります。

初心者の人がビットコインを始めたいのであれば、「1時間でわかるビットコイン入門~1円から送る・使う・投資する~」という本がわかりやすいので読んでおくことをお勧めします。

 

ビットコインを価値のあるお金に変えられるかどうかは自分次第です。

素人がビットコインを入手する場合、入手方法は電子マネーのように現金でトレードして購入する方法が一般的です。

 

リスクを減らすには、まとめ買いをしないこと・少額で少量のビットコインを購入し、売買する時期をきちんと見極めることが大切です。

慣れてないのに一瞬で一儲けしようという欲を出さずに利用することが大切です。

ビットコイン(仮想通貨)の注意点

ビットコインの特徴は、どこの国家、企業にも属しない、極めて自由な通貨である点です。

 

ドルや円など、普通の通貨は中央銀行が発行枚数や金利を管理し、インフレなどにならないよう操作しますが、ビットコインには、その手の介入がありません。

なので、急激に価値が上がる(下がる)ことがあります。

 

この、通貨価値の不安定さがビットコイン最大の特徴です。

 

国や企業が管理しないので、この通貨はみんなが「価値のあるもの」と思っている間だけ価値がある通貨になっています。

だから、(一夜でというわけではありませんが)みんながこの通貨に価値はないと思えば、それだけでビットコインの価値は紙切れ同然になります。

 

ビットコインは、こういう集団信仰的な側面があるので、堅実に投資したい人が手を出すには向いていないといえます。

そのかわり、どこまで価値が上がるのか誰にもわからないものなので、少しの投資で大儲けしたい人には向いています。

 

ビットコインは、ハイリスクハイリターンの通貨だと思っておくのがよいでしょう。

 

この通貨はそういう通貨なので、将来性があるのかどうかは、誰にもわかりません。

なぜなら、株の場合は当期の経常利益や会社の資産など、株の価値を担保してくれるものがありますが、ビットコインにはそういうものがないからです。

 

だから、仮に1ビットコインが5万円だとしても、それが適正価格なのかどうか、誰にも判断しようがないのです。

ビットコインを始めるなら、そういう特徴があることを頭に入れた上で、手を出すとよいでしょう。

ビットフライヤー(bitFiyer)はビットコインに特化した取引所

ビットコインを購入するには、それを扱っている取引所を利用する必要があります。

そのような取引所には株式や外貨、先物商品も取り扱っている従来の証券会社なども含まれますが、それらには興味がなく、ビットコインだけの取引を行いたい場合、このビットコインを専門に扱っている取引所の利用をおすすめします。

 

その理由は、やはりビットコインだけを専門に扱っていることで、それに特化したノウハウがあるのはもちろん、取引の際の手数料もお得なことが多いからです。

 

現在国内で一番のビットコインの取引量を誇る専門の取引所は、ビットフライヤー(bitFiyer)です。

 

このビットフライヤーはYahooやGoogle、FacebookのIDを所持していれば、それらを利用してアカウントを開設することができるので、普段よりネットをよく利用している人ならすぐに取引を始めることができます。それを持っていない場合でも、メールアドレスだけでアカウントが作れます。

 

ビットコインは言わば外貨のようなもので、日々レートが変動します。

同じレートでも売買の際の買値と売値にはもちろん差がありますが、これが他社と比べて極力小さいのもビットフライヤーの特徴です。

 

つまり、他社より売買の際の取引手数料がお得だということです。

これはビットコインだけに特化しているからこそ実現できていると言うことができます。

 

また、ビットコインがこれだけ有名になった背景には、数年前の消失事件があります。

ビットフライヤーでは万が一のそのような事態に備えて大手の保険会社と契約を行っており、この消失のようなリスクを考えずにとても安全に利用することができます。

 

ビットコインを扱う取引所は数多く存在しますが、ビットフライヤーはこのようにアカウントの作りやすさや手数料の安さ、そして、安全性も兼ね備えていることから、とてもおすすめできる取引所だと言っていいでしょう。

ビットフライヤーで出来ることは?

まず、ビットフライヤーとは何なのか?についてですが、ビットコインやイーサリアムといった、仮想通貨の取引が出来る場所ということになります。

 

その利用の仕方は非常に簡単で、インターネットを経由してサイトへ行き、申し込みを済ませてアカウントを取得すれば、すぐに使えるようになります。

また、アカウントの取得も、メールアドレスさえあればよく、お金もかかりません。

 

次は、ビットフライヤーのサイト内の主なサービス内容についてです。

 

一つ目はビットコイン販売所です。

ここではビットフライヤーからビットコインの購入ができるのに加え、持っているビットコインを売却することもできます。

 

二つ目はビットコイン取引所です。

これはビットフライヤーでなく、ビットフライヤーを利用している他の登録者と、ビットコインの売買をすることができます。

 

三つ目はビットコインでのショッピングです。

文字通り、ビットコインを使用してショッピングをすることが出来ます。

 

そして四つ目はビットコインの入出金です。

他の登録者と商品の売買があったり、サービスを提供したり、されたりといったことがあった場合に、ビットコインでの支払いや受け取りを行えます。

 

ビットフライヤーを上手に利用すれば、仮想通貨の取引に、より一層幅が出るのは間違いありません。

GMOをはじめとした大企業から資金調達をしていることもあり、安心して利用することが可能です。

ビットコインとイーサリアムの違いについて

今回は、イーサリアム(Ethereum)とは一体どういったものなのかについて、簡単に解説してみたいと思います。

 

そもそもイーサリアムとは何なのか?について説明しておくと、ネット上で流通している沢山の仮想通貨の内の一つであり、ビットコインに次いで、世界第2位の市場価値を誇っています。

 

次は、ビットコインとイーサリアムの違いについてです。

ビットコインは、仮想通貨が誕生した頃から活躍しているもので、現在もネット上を席巻しています。

 

それに対し、ビットコイン誕生からかなり経って登場したイーサリアムは、そのビットコインを叩き台に作られたものであり、大きな進化を遂げていたため、瞬く間にネット上に広がり、世界第2位の地位を築きました。

 

では、大きな進化とは一体何だったのか?

 

それは、スマートコントラクト(Smart Contract)の存在です。

 

では、スマートコントラクトとは何なのか?ですが、簡単に言うと、契約そのもの自体も記録に残せるシステムのことです。

 

元々、ビットコインには、取引の全てを記録しておけるシステムというものが存在していたため、そこの部分に関してデータを改ざんしたり、不正を行ったりすることは基本的に不可能でした。

 

しかし、イーサリアムのスマートコントラクトでは、そこからさらに先へ行き、取引の全てだけでなく、その取引にまつわる契約も全て記録しておけるシステムになっているため、より安全で快適な仮想通貨のやり取りが出来るようになりました。

 

現時点で世界第2位のイーサリアムですが、ビットコインを上回る安全性を持っているため、1位になる日もそう遠くは無いかも知れません。

仮想通貨の選択肢~イーサリアム編~

近年仮想通貨の選択肢としてビットコイン以外にもイーサリアムの選択肢も出来、徐々に頭角を表してきています。

現在では時価総額No.2と勢いが乗ってきています。

 

イーサリアムが誕生からまだ5年も経っていないのに現在では2番手になる程に勢いを伸ばすだけの強みとは何なのか?

それを今日は紹介していこうと思います。

 

Q: イーサリアムの特徴は何でしょうか?

A:イーサ」を 通貨単位とした仮想通貨ですがそれ以外にも

ユーザー側で独自に取り決めをした契約を行える(例:期日までにもう数回取引が行われた場合ある程度割引をする、別途で仮想通貨を譲渡等)」を可能にしたスマートコントラクトが大きく柔軟性ではビットコインよりも部分的に勝っていると言っても良いでしょう。

 

Q: イーサリアムを取り扱う取引所は何処がありますか?

A: 2017年現在日本国内だけで絞るならば

・ビットフライヤーhttps://bitflyer.jp/

・ビットポイントhttps://www.bitpoint.co.jp/ )

・コインチェックhttps://coincheck.com/

の3所が有名です。

仮想通貨業界では2位ではありますがそれでも取扱場所は多い為売買はし易いので取引所を使っての取引はし易いです。

 

Q: イーサリアムは将来性ありますか?

A: 今現在で言うならば先に紹介したスマートコントラクトによる契約の柔軟さがある限りは伸び代はあり取引所も多い為今から購入を始めやすいです。

価格変動はビットコイン同様に激しいのでご注意ください。

見込みはあるからと言って最後まで油断せずに常に価格変動を見守る必要はあります。

 

以上、簡単な紹介になりましたがイーサリアムについての紹介を終わります。

仮想通貨はビットコインやイーサリアム以外にも存在し将来その二者にも迫る程に成長する通過も現れる可能性は充分にあります。

そちらも同時並行で調査しておくと良いでしょう。

仮想通貨の選択肢~リップル編~

リップルとは仮想通貨の一種で、あのGoogleも出資したとあり、仮想通貨業界の中では、現在第3位というポジションです。

そこで今回は、リップルの特徴とは一体何なのか、また、第1位であるビットコインとの違いとは一体何なのかについて、簡単に解説してみたいと思います。

 

まず、ビットコインの登場と普及により、仮想通貨というものが世に大きく知られることになりました。

 

言わば、ビットコインは仮想通貨界において、元祖と呼べる存在です。

昨今、そのビットコインを元にして、改良を加えられたものや、より便利な機能を備えたものが登場してきており、リップルもその内の一つです。

 

そんなリップルの最大の特徴は、何と言っても決済のスピードが非常に速いという点で、ビットコインが10分程度かかってしまうのに対し、リップルはたったの数秒で全て終了してしまいます。

 

通常、円とドル等、通貨単位が違う者同士で決済を行おうと思った場合、どうしても間に銀行が入る形となるため、時間がかかってしまいますが、XRPと呼ばれるリップルの通貨を利用すれば、円をXRPに換金し、XRPをドルに換金するといったような作業が瞬時に行われることになります。

 

また、決済時に手数料も必要ありません。

以上の内容を見てもらうと、リップルは、オンライン上の金銭取引に非常に適したアイテムであるということが分かると思います。

 

今後、一般にも普及が進めば、経営者や投資家なんかは、例え相手が海外の何かだったとしても、思いついた瞬間に取引を済ませるといったようなことが可能になります。

仮想通貨リップルとは何か?

仮想通貨はビットコイン以外にも多く流通しておりその中でも「リップル」も徐々に頭角を表してきています。

リップルの特徴についてこれから説明していきましょう。

 

Q: リップルは何時誕生したのか?

 

A: 構想自体は2004年には完成していましたが実現までには時間がかかり銀行市場に出るようになったのは9年後の2013年とやや遅めです。

その間に改良の繰り返しを今もしており仮想通貨としてはこれから陽の目を見てい行くでしょう。

 

Q: リップルを使う為にはどの様な事をしたらいいのか?

 

A: リップルを使う為にはRippleTrade(リップルトレード)にてアカウントを作る必要があります。

これは銀行で例えると口座みたいな物でありリップルの売買や送金、購入管理等を行うには必要不可欠となってきます。

 

ただアカウントを作っただけでは利用できないので初回入金、最低でも20XRPあれば自動的に有効化(アクティベート)されるのでアカウントを作る際には初回入金分のお金も用意しておかないといけません。

 

Q: ビットコインと比べてどう違うのか?

 

A: 同じ仮想通貨であるビットコインと比べて違う点として

 

・決済時間

 

ビットコインの決済時間は調べてみると平均で10分前後と遅くない訳ではなくむしろ早い方ではありますがリップルはそれとは比較にならず1分どころか5~6秒あるかどうかぐらいには早く決済完了はあっという間に終わります。

 

・送金時間

 

ビットコインは早くても30分前後ですがリップルは一分もかかったかどうかぐらいには一瞬で終わる為待たされる事はありません。

 

・管理が厳重

 

ビットコインにはこれと言った管理運営している会社は無いのですがリップルはアメリカに運営会社である「リップルラボ」が管理している為管理の面では一安心です。

またセキュリティー面でもサーバーを狙って攻撃するDos攻撃にも耐えれる程強固なセキュリティーを誇っています。

 

リップルにはこの様な特徴があります。

今後も目が離せない仮想通貨とも言えるので目を離さない様にしておいた方が後々ビットコインを追い抜く可能性は充分にあるでしょう。

将来のために覚えておきたい仮想通貨~ライトコイン編~

2017年現在仮想通貨はビットコインを始め数多く世に出回り支払い等での流通形態の幅は広がって来ています。

 

その中でも今回紹介するのは「ライトコイン

こちらを今日は見ていきましょう。

 

Q1: そもそもライトコインって何?

 

A: ライトコインはビットコインから派生した言わば兄弟みたいな物です。

基本的な使い方はビットコインと変わりはありません。

 

ただしこれだけだとビットコインの二番煎じと悪いイメージを持たれてしまうかもしれませんがライトコインはビットコインの後発だけあってビットコインでは目立っていた欠点を潰していくかの様に欠点を改良した上で世に出る様になりました。

 

Q2: ビットコインと比較して分かるライトコインのメリットは何か?

 

A: 目に見えて分かるメリットの1つとして「決算スピード」と声を大にして言えるでしょう。

ビットコインだと平均で10分前後かかっていた決済スピードはライトコインだとそれの半分以下、2分程度で済む程に早いです。

 

それ以外だと「埋蔵量の多さ」も捨てがたいです。

ライトコインはビットコインに比べると希少性では低いですが代わりに流量が多く取引では時間も労力もビットコインに比べるとかかりません。

 

Q3: ライトコインは何処で取引すればいいのか?

 

A: ライトコインは海外だと取り扱っている取引上は多いですが国内だとまだ数が少ないのが現状です。

 

英語が分からず日本語でやり取りしたいのであれば現状ではコインチェックで取引や購入するのが安心でお薦めです。

それでもまだ少ない方なので今後増えていく事に期待するしかありません。

 

簡単な内容ですが今回は以上となります。

どちらが優秀とは甲乙つけがたいですが最終的な判断は質(ビットコイン)を取るか量(ライトコイン)を取るかの価値観が関わって来ると言っても良いでしょう。

 

けれどライトコインも今は仮想通貨業界ではNo4程度とまだまだ低いですがそれでも4の位に付けるだけの強みはあるので今後も目が離せない仮想通貨と言えるでしょう。

ブロックチェーンがどんどん進化しているネム

ネム(NEM)は、ビットコインと同じ仮想通貨です。

ネムのプラットフォームの中で使用されるトークンはXEMという仮想通貨です。

 

ビットコインの台帳管理技術であるブロックチェーンの技術は優れてはいますが、まだまだ欠点や改良の余地があると言われています。

そのビットコインのブロックチェーンを、さらに効率的で拡張しやすいなどの改善を加えたものがネムです。

 

ビットコインの技術を改良したネムのブロックチェーンの特徴としては、POIという仕組みを使っている点があります。

 

ビットコインのブロックチェーンで採用されていたのはPOWという仕組みでしたが、膨大な処理による電力などのコストが高いのが欠点でした。

 

そのコストの欠点を改善したものがPOSです。

ただ、このPOSは保有量に応じて報酬が発生するため、通貨の流通や普及が滞るのではないかと不安な面もあります。

 

そこで登場したのが、ネムのPOIという仕組みです。このPOIは、保有量に加えて、取引を行っている必要性を持たせることで、流通や普及しやすいといったメリットがあります。

ちなみに、報酬発生(通貨発行)の仕組みを、ビットコインではマイニング(採掘)と言われますが、ネムではハーベスティング(収穫)と言います。

 

この他にも、ネムのブロックチェーンの特徴には、ウェブベースのアーキテクチャ、短いブロック生成、簡易なトランザクション管理、ノードの自動検証の他、P2P時刻同期機構、トークン資産管理機構、オンチェーンマルチシグ機構など、どんどん新しい機能が追加されています。

 

ネムは、開始当初それほど注目されていなかった仮想通貨でした。

しかし、こういった新機能が追加されていることで、今では注目される仮想通貨となり、どんどん高騰している状態です。

今後の普及が期待できる仮想通貨と言えます。

仮想通貨ネムはどこで買えるの?

仮想通貨業界の発展は目覚ましくビットコインを始めとして数多くの仮想通貨が世に出てきています。

 

その中でも今回紹介したいのは「NEM(ネム)

2015年に発表され流通されて以来、現在業界内でNo4と全体で見ると少し下ではありますが徐々に勢いを伸ばしてきています。

 

簡単にですが今回はNEMで気になるであろう3点のポイントを紹介していこうと思います。

 

NEMがビットコインより優れている点は何処か?

 

後発だけあって改良されている点は多いですがよく挙げられやすい意見として「ブロックチェーンプラットフォーム の実装」があります。

 

ビットコインには台帳管理技術としてブロックチェーンが使われており通過機能だけではなく他分野での応用が効くと期待されるほどの技術力なのですが完璧とは程遠くまだまだ改良の余地がある存在です。

一方でNEMはと言うと構造自体は単純化してしまった物の代わりに効率的に拡張しやすく成りました。

その結果

・短いブロック生成が可能

・トークン資産管理機構

・P2P時刻同期機構等

単純化により数多くの恩恵が受けられる様になりました。

 

NEMの入手自体は簡単?(国内でのみの場合)」

 

日本国内で多いのだとZAIFがお勧めです。

こちらでは日本円(JPY)でのやり取りも出来る為初心者でも購入がしやすく取引もし易いです。
それ以外だとコインチェックでも取扱が開始されておりNEMが欲しければこの二ヶ所を押さえておけな取引はし易いです。

 

NEMの現在の相場チャートはどうか?(2017年時点の場合)」

 

生まれたのが比較的近年だった事もあり正直言って高くありませんでしたが技術も徐々に成熟してきた2016年頃から徐々に勢いが付き2017年現在では相場は高騰化しています。

今後も高騰化していくのが予想されますのでチェックは怠らない方が良いでしょう。

 

簡単な説明と記事になりましたがNEMも仮想通貨としては将来性はあり今後の発展が期待出来ると言えるので今はそっと見守るぐらいしかありませんが近い将来主流の1つになっていてもおかしくないでしょう。

 

さらに詳しい解説は、仮想通貨の始め方COM〜初めて仮想通貨投資を始めたい人のための入門サイトをご覧ください。