無職でもクレジットカードを作れる方法

 

わたしが「無職」の時にクレジットカードを作った方法を説明します。

クレジットカードは収入があることを前提にしていますが、無職で収入がなくてもクレジットカードを手に入れる方法があります。

 

まず、いちばん確実で簡単なのが「家族カード」です。
自分の親にクレジットカードを作ってもらい、その家族として申請すれば間違いなく100%承認されます。
これがいちばん確実な方法です。

 

わたしは父がセゾンのクレジットカードを持っていたので、お願いして家族カードを発行してもらいました。
支払いは父の口座になりますが、すぐにカードを発行してもらえ便利でした。

 

他には、どこでもいいから「派遣会社に登録すること」です。
派遣会社に登録するのは簡単です。

テストはありますが、落ちるとか断られるといったことはありません。

 

登録会に行って、派遣社員として登録してもらえば、派遣社員と名乗ることができるのです。
仕事を受けずに断っていても、クレジットカードの申込書には「派遣社員」と書くことができます。

 

この二つの方法を実際に試したのですが、二つ目の派遣会社に登録する方法は「自分名義のクレジットカードを作れる」ので便利でした。

派遣会社に登録へ行かなければならないのは難儀ですが、それさえ終わってしまえばあとはクレジットカードを申し込むだけです。

 

この方法は「裏ワザ」であって、大きな声では言えない作り方ですが、悪いことをしているわけではないので心配することはありません。
引き落とし口座はもちろん自分の口座を指定することができます。

 

わたしは仕事のストレスから自律神経失調症になり、会社を辞めた時にとある事情からクレジットカードが欲しくて困っていたのですが、この二つの方法で無事クレジットカードを発行してもらうことができました。

今の時代、クレジットカードがないとたとえ無職でも不便なので、ぜひこの上記の方法を利用してクレジットカードを発行してもらいましょう。

 

 

クレジットカードの審査は、安定した収入があることが一番通りやすいものです。
しかし、諸事情で現在は働いていないけれどクレジットカードが欲しいこともありますよね。

 

そんな時に一番楽な方法は、同居の家族がいるとしたらその人の所有しているクレジットカードの「家族会員になる」ことです。
しかし、それだと支払いは所有者から支払うことになるので、カード払いで買い物をした内容や金額が分かってしまいます。

 

自分だけのカードが欲しい場合は、比較的審査のゆるやかなクレジットカード会社で作ることをお勧めします。
審査の比較的ゆるやかなカード会社としては、「キャッシングローン系」の会社のカードがあります。

 

それ以外にも、「ネットショッピング系」のクレジットカードは、主婦層が顧客に多いため通りやすいようです。
実際、私も専業主婦になってからネットショッピング系のクレジットカードを申し込みましたが、特に電話もかかってくることなく簡単に発行してもらえました。
それ以外にも、大手スーパーなどのカードも専業主婦が所有していることも多く、比較的審査はゆるめです。

 

クレジットカードを申し込む時に、現在の住所に住んでいる居住年数を書く欄があります。
同じ場所に長く住んでいるほうが、審査が通りやすくなるようです。
それから、職業欄には「無職」と書くよりも「家事専業」などと書いておいた方が良いです。

 

専業主婦の場合は、夫に安定した収入があれば審査に通りやすいのですが、独身で配偶者がいない場合にはどうしようか迷いますよね。
そういった場合は、同居している親に安定収入があれば「親の職場や年収を書き込む」ことで、安定収入ありとみなしてくれることもあるようです。

 

最後に注意して欲しいのが、クレジットカードを作りたいからと虚偽の申告をしてしまうことです。
虚偽の申告でカードを発行してもらうのは、法律違反になり罰せられるので、あくまでも申告書には嘘を書き込まないように注意しましょう。

 

 

無職でもクレジットカードを作れる裏技

 

昨今派遣切りや人件費カットで急に無職になる方、うつ病等の病気で仕事をやめざるを得ない人が急増しています。

そんな中、クレジットカードがあると大変便利です。

クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りる事もできますし、買い物をするのにも支払いが来月に繰り越せ重宝します。

 

でも、無職ではクレジットカードを作れないですよね?でも欲しい・・・そんな方にオススメの裏技をご紹介します。

まずクレジットカードの審査過程を見てみましょう。

基本、クレジットカードの申し込み書に書かれている事項が正しいという前提で、審査は行われるのですが、カード会社はそこに書かれたあなたの情報に評点を付け、それを元に審査を行います。

審査が厳しいクレジットカード会社の場合、「住民票」を取り寄せる所もあるようですが、カード会社によってはそこまでしない場合もあります。

審査時に大幅なウソはいけませんが、ある程度の誇張されていても審査に通ってしまう場合があるわけです。

 

クレジットに通るポイント

 

「電話番号は確実に連絡が取れる番号にする」

審査の甘いカード会社でも、自宅や職場に連絡を取る所は非常に多いので、確実に連絡の取れる番号を記入しましょう。

 

「すべての欄に記入する」

評点を少しでもアップさせる事ができます。そのためにはできるだけ空白を作らない事が大切です。
されここからが本当の裏技です。

 

何度も書きますが、無職ではカード申請を通る事はできません。
なので、そこを無職でなくしてしまうんです。

 

突然ですが、ヤフーオークションやフリマで出品をされたことがありますか?
もしそうなら立派な「自営業」です。

 

勤務先の住所を自宅にして、会社名はお好きな名前(○○商会、○○会社等)を記入しましょう。
最近ではクレジット会社の審査も緩くなってきているので「フリーター」でもカード会社を選べば審査が通ってしまうようです。

 

カード会社が確認の電話をする場合、「○○さんは勤務されていますか」とは聞いても「○○さんは正社員ですか」と聞かない事からも明らかで、フリーターと正社員を区別していないケースが結構多いからです。

もちろん無職でも他の方法でお金を稼いでいる方はその収入源になっている職業を書きましょう。