クレジットカードの会社によっては、やはり審査が甘いところと厳しいところがあります。

厳しい会社はそのかわりに、そのカードを持つことが「ステイタス」になるようなカードを発行しています。

 

逆に審査が甘い会社もあります。

誰でも審査に落ちるとショックなものです。
ですから最初から通り易いカードを探して、そちらに申し込む方が早いと思います。

 

審査に通り易いカードには、「楽天カード」、「アコムマスターカード」、「イオンカード」、「ライフカード」などがあります。

 

その中で「アコムマスターカード」を見てみましょう。

これはアコムのカードにマスターカードのブランドを付帯させたアコム発行のクレジットカードです。

ですからクレジットカードとしての利用のほかに、キャッシングとしても使えます。
またデザインがマスターカードなので、ぱっと見アコムのカードとは分かりません。

 

こちらはパート、バイト、フリーター、自営業の方でも大丈夫です。

また入会金、年会費も無料で、ネットからの申し込みも可能です。
マスターカードなので世界中どこでも通用します。

急いでいる場合には、最短で30分審査、即日発行が可能です。

またリボ払いも出来ますし、カードの利用明細の郵送がないので、家族に利用履歴を見られる心配もありません。

 

このカードはクレジットカードの入会資格、審査レベルが「最もゆるい」そうです。

パート、アルバイト、自営業、フリーターでも収入があればほぼ間違いなくカードが発行出来るそうです。

 

ここで問題なのが「収入がある」、というところです。
無職でもカードを発行してくれる所がありますが、その対象は主に専業主婦や学生です。

 

その場合も結局は夫や親の経済状況が審査されることになります。

 

ですから現在無職でも、近所のコンビニなどで短時間でもアルバイトなどが出来れば収入は入ります。
申し込み者それぞれの事情がありますので一概には言えませんが、どうしてもカード審査に通りたい場合は、パートでもアルバイトでもいいので少しでも収入を得るとカード発行はよりスムーズになると思います。

 

 

審査が甘い狙い目のクレジット信販会社

 

クレジットカードを作ろうと思ったら、「信販会社」に申込を行わなければいけません。

昔は郵送が一般的でしたが、最近ではインターネットを活用してホームページ上で申請手続きを行うことも可能になりました。
その際に、信販会社は申請者の様々な情報をチェックして審査を行います。

 

特に重視されるのが、「安定した収入があるかどうか」という点です。

立て替えた代金を期日までにきちんと支払ってもらわなければ、信販会社にとっては大きな損失になります。

従って、「ある程度」の経済力を備えていると認められた人にしかクレジットカードは発行されません。

 

とは言え、この「ある程度」の判断基準は各信販会社によって全く異なります。

つまり、審査基準の甘い信販会社を狙えば極めて高確率でカードの発行を期待できるわけです。

 

狙い目なのが、「イオンカード」、「セゾンカード」といった流通系のクレジットカードです。

特に、ダイエーグループが発行している「セディナカード」はとても審査が優しくて、学生や主婦でも気軽に申し込めることで有名です。

 

また、IT系では楽天グループが発行している「楽天カード」もお勧めです。

 

なお、少しでも審査に通る確率を高めたかったら、「同居家族の収入をアピールする」のがコツです。

親と同居しているのなら親の収入を、結婚しているのなら配偶者の収入を記載すれば、たとえ本人が無職でも「家族カード」という形で自分専用のクレジットカードを別途発行してもらうことが可能となります。

 

ちなみに、クレジットカードに申し込む際に絶対にやってはいけないことは、虚偽の申請をすることです。

無職だと印象が悪いのではないかと懸念して架空の職歴を書く人がたまにいますが、信販会社は審査の際に、記載された会社の連絡先に電話をして在籍確認を行うことがあります。

嘘をついてもすぐにバレますし、もしも虚偽の記載があることが判明したら、その時点で確実に申請は却下されてしまうことでしょう。

 

信販会社は顧客の信頼性を最も気にします。

無職だからといって引け目を感じずに、出来るだけ正直に自分の情報を伝えるようにしましょう。