etc2

1. ETC導入の要ETCカードとは?

高速道路を利用する時、料金所での支払いはどうしてますか?

 

従来の現金払い?それもいいでしょう。

ですがこれを機にETCカードの導入を検討してみては如何でしょうか?

 

ETCとは「電子料金収受システム(「E」lectronic 「T」oll 「C」ollection System )」の頭文字を取った略称でありこれを介して料金をスムーズに支払う事が出来ます。

早い話が登録しているクレジットカードで後払いの高速道路版です。

 

そんなETCを利用する為には車体側にETCを設置、こちらはカー用品専門店で購入は出来ます。

ここまではクレジットカードを持ってない人でも出来る前準備、ここからが本番です。

 

そのETCを使うために必要なのがETCカード、これが入っていなければ幾ら車に積んでも支払う事は出来ません。

そのETCカードも実は3種類程存在しているのです、それがこちら

1-ETCカード

名前の通りETCでの利用がメインのクレジット追加型専用カードです。

大手クレジットカード会社でも発行している所が殆どですのでETCの利用を検討しているならこちらを最初に使うのがお勧めです。

 

ただしクレジットカード付属と言ってもあくまでも「ETCでの利用」がメインですのでETCカード単体では通常のショッピングでの決済は使えません。

シンプルに1枚のカードで併用して使いたいなら後述のETCクレジットカード一体型がお勧めとなります。

2-ETCクレジットカード

こちらはETCに加えクレジットカードとしてのショッピング等での利用も可能になった一体型、クレジットカードして使えるので万が一ETC未対応の料金所やレーンに入ってしまってもこっちを持っていればクレジットカード支払いの要領で使う事が出来ます。

 

一見するとこっちのが選ぶメリットがあるように見えますが、便利過ぎる反面肝心な時にETCの機器に未挿入で支払いが出来なくて迷惑を掛ける事例も少なからず存在します。

 

1枚のカードでETCとカード決済を両方済ませたい方は一体型。車内のETC機器に常に入れっぱなしにしておきたい方は前述のETC追加カードが良いでしょう。

忘れっぽいと自覚あるならば、あえて一本化せずにETCカードとクレジットカードは別々に持っておいた方が安心かも知れません。

3-ETCパーソナルカード

こちらはブラック等でクレジットカードを作れない、作りたくない…けどETCは使いたいと言う人向けのETC専用カードです。

 

こちらは事前に前金を幾らか導入した上で月の平均利用見込みの金額と最高利用月の見込額等を記入する必要があり、また申し込みより利用額が多ければ別途で要求されたり、年会費で1200円程度かかったり等まだまだ改善の余地も多く、利用状況によっては従来の現金払いのが安く済むという事も珍しくありません。

 

全く使えないと言う訳ではありませんがクレジットカードを作れる環境でETCを利用したければ上二つ、そんなに利用する機会無いなら従来の現金払いのがコスト的にはいいかもしれません。

 

以上3つが主なETCカードになります。

ETCカードの種類

・ETCカード…クレジットカードの追加型

・ETCクレジットカード…クレジットカードの一体型

・ETCパーソナルカード…クレジットカードが作れない方

ETCは料金所のやり取りが減って時間短縮と煩わしさがなくなり快適ではありますがちゃんと知った上で行わないと料金所で現金払い以上にトラブルになりえます。

この記事を元にETCの導入の検討をもう一度見直しては如何でしょう?

2. 【注意点】ETCカードを作る際に気をつけるべき3つのこと

ETCカードを作る(使う)際に気をつけるべき点はいくつかありますが、その中でも特に重要なのは、年会費を確認することです。

 

一部の高級カードを除けば、年会費なんて全部無料じゃないの?と思われるかもしれませんが、そうではありません。

 

ETCカードには「条件付で」年会費無料というカードが結講あります。

これに気が付かないと、いつのまにやら年会費を取られているということになりかねません。

 

なので、年会費は完全に無料なのか、もし無料でないなら、どういう条件を満たせば無料になるのかということをカードを発行してもらう前に、きっちり確認しなければいけないのです。

 

そして、年会費と同様に確認しなくてはいけないのが、更新費用です。

 

クレジットカードとは違い、ETCカードには更新費用がかかるものが多いので、年会費だけでなく、更新費用がかかるかどうかという点についても注意する必要があります。

 

最後に確認するべき点は、有効期限です。

ETCカードにも、クレジットカード同様有効期限があります。

 

クレジットカードの場合、有効期限が切れてもただカードが使えなくなるだけ(つまりそのカードで買い物が出来なくなるだけ)ですが、ETCカードの有効期限が切れると、レーンを通れなくなります。

なので、有効期限が切れていることに気が付かずにETCレーンを通ろうとすると、レーンが開かずにぶつかってしまいます。

 

つまり、ETCカードの有効期限に気をつけないと、事故を起こしかねないわけです。

だから、ETCカードの期限切れには、常に気をつけておきましょう。

 

ETCカードを作る(使う)際に気をつけることは、年会費、更新費用、有効期限の3つです。

・年会費

・更新費用

・有効期限

この3つにさえ気をつけておけば、トラブルに会わずにETCカードを使いこなすことが出来るでしょう。

3. ETCカードを使うとどんなメリットがあるの?

日本全国でかなりの高速道路網が整備されてきましたね。仕事や旅行などで高速道路を使う機会も増える一方です。

頻繁に高速道路を使う人には、すでにETCカードを持つことは必須条件になったといっても過言ではありません。次のような3つの大きなメリットを得ることができるからです。

 

一つ目は、当然ですが高速道路の料金所を素早く通過できます。

料金所は高速道路でもっとも渋滞しやすい場所ですが、ETCの専用レーンなどでは現金の料金所よりも渋滞になりにくくなっています。ETCを搭載する自動車が増えてくれば長年の懸案だった高速道路の渋滞解消も視野に入ってきます。

 

二つ目は、ETCカード利用者限定の割引を受けられることです。

割引の料率やどのような場合に割引されるのかはそれぞれの高速道路会社や時間や季節の条件によって大きな開きがありますし、時限的に実施される割引も少なくありません。

現金では適用されない割引なので、これがETCカードを利用することの大きなメリットになります。

 

最後にETCカードを利用することでETCスマートインターチェンジが利用できることです。これは現金での高速道路の利用ではできません。

ETCスマートインターチェンジを利用することによって高速道路への出入りが多くなりますので、アプローチの短縮などが可能です。

これからもETCスマートインターチェンジは増えていくことでますます便利になる可能性が高いです。

ETCカードの利点

・料金所を素早く通過

・ETCカード限定割引

・ETCスマートインターチェンジが利用可

4. 【豆知識】ETCカードの意外な使い方

最近ではETCカードを使用すると割引される額が減ってきていますが、少なからず割引されるメリットがあります。

ETCカードはクレジットカードを持っていればそのクレジットカード会社から追加発行してもらえるのが一般的かと思います。

 

クレジットカード払いと同じなので請求はクレジットカードと同じになります。

したがってクレジットカードのポイントもつきます。

 

高速道路によく乗る人はやはりETCカードを作るとお得ですね。

ETCカードを作ることで基本的に損することはありませんが、ETCの機械を車に設置しなければETCゲートは通過できません。

 

ETCの機械はオートバックやディーラーでつけてもらえますが安くても数万円はしますのであまり、高速道路に乗らない人はあまりメリットがないと言えるでしょう。

しかし、ETCの機械がついていればスムーズに通行できます。

 

あまり知られていないかもしれませんが、ETCの機械がついていなくてもETCカードを渡せば意外とスムーズに通行できます。

お釣りの手間もなく、もちろんサインとかする必要もありません。

 

カードを渡せば係りの人が機械に通して領収書を発行してくれるんです。

 

私の場合ETCがついていますがたまにETCゲートに間違って侵入した車で待たされる時があるので、その時は別のレーンでETCカードを渡して通行する場合があります。

 

現金で高速代を支払うのであればETCカードで支払っている方がスムーズでポイントがつくので損はありません。

意外に知らないETCカードの活用法でした、ゲートトラブルの際には試してみてください。

5. 【実践】私が使っているETCカードをご紹介します。

高速道路を走るのに、ETCカードはとても便利です。

ETCマイレージサービス」に登録すれば、通行料金の支払額に応じてポイントがもらえます。

貯まったポイントは通行料金の支払いに利用することができるのです。

 

そんな便利なETCカードは種類が豊富で選ぶのに困ってしまいますね。

私がETCカードを作る時に選んだポイントは次の3つです。

・発行手数料無料

・年会費無料

・ポイントがたまる

初めて作ったETCカードは「 楽天ETCカード 」でした。

発行手数料・年会費無料で作ったのに、知らない間に年会費が有料になっていたのでビックリして解約しました。

※(現在の年会費は540円です。楽天の会員ランクがダイヤモンドまたはプラチナの方は次年度無料となります。)

 

それで急遽、楽天ETCカードに変わるものとして2枚のETCカードを作りました。

通信エラーなどにより、カードが使えなかった場合のことを考えての事です。

 

① 楽天ETCカード

HP: http://www.rakuten-card.co.jp/card/etc-card/

 

2枚目は「 イオンETCカード 」です。

イオン系でよく買い物をするので、ポイントが貯まると思い選びました。

イオンカードは既に持っていたので、ETC専用カードを申し込みました。

 

発行手数料・年会費無料に加えて、「ETCゲート車両損傷お見舞金制度」という特典がついています。

条件はありますが、ETCゲートの開閉バーに衝突して車両を損傷された事故に対して年一回、一律5万円分のお見舞金がでるので、万が一のことを考えると安心です。

 

② イオンETCカード

HP: http://www.aeon.co.jp/creditcard/service/etc/

 

3枚目は「 リクルートETCカード 」です。

私はよくホットペッパーを利用するのでリクルートカードを作る時に同時にETC専用カードを申し込みました。

 

VISAカードは新規発行手数料1,000円+消費税がかかりますがJCBカードなら発行手数料は無料です。

年会費はどちらも無料で、ポイントはしっかりたまります。

 

③ リクルートETCカード

HP: http://recruit-card.jp/

 

ETCカードを選ぶ時は、発行手数料無料・年会費無料で自分がよく利用するお店のポイントがたまるETCカードを選ぶ事が良いと思います。

 

引き続きまして、【第5章】ゴールドカードについて書いています。【ゴールドカードを作りたい人へ】おすすめのゴールドカードを5枚ご紹介します。へお進みください。