debi2

お買い物が便利に!審査なしでも作れるデビットカード

皆さん「デビットカード」のこと、ご存知ですか?

 

名前は聞いたことがあっても、どういうカードなのか分からないし、クレジットカードとどう違うの?と疑問に思う方も多いかもしれません。

 

デビットカードの特長は、大きく分けて2つです。
では、さっそくご紹介していきましょう。

 

特長①クレジットカードと違って、使いすぎの心配がない!

カードを使ってのお買い物って便利ですよね。
しかし、クレジットカードを使っての買い物だと、ついつい使いすぎてしまっていないか、心配になった経験はありませんか?

 

そんな心配を解消するのがデビットカードです。
クレジットカードが事後決済であるのに対して、デビットカードは使ったその場で決済される、即時決済の方式です。

 

デビットカードは預金口座と紐づけがされており、使ったその場で、口座からすぐ引き落とされる仕組みになっています。

 

使いすぎの心配がなく、お財布代わりに気軽に使える、それがデビットカードのメリットなのです。

特長②クレジットカードと違って、審査なしでも作れるカードが多い!

カードで買い物ができたら便利だけど、クレジットカードを作るには審査が面倒だし、審査に通るかも不安…という方もいるはずです。
そんな方でも、デビットカードなら安心です。

 

なんと、審査なしでも作ることができるカードがたくさんあるんです。

 

・楽天銀行が発行している、楽天銀行デビットカード(JCB)

・ジャパンネット銀行が発行している、JNB Visaデビット

・あおぞら銀行が発行している、あおぞらキャッシュカードプラス

・ソニー銀行が発行している、Sony Bank WALLET

・住信SBI銀行が発行している、Visaデビット付キャッシュカード

 

などは、カード発行時の審査が要りません。

 

また、上に書いたカードは、審査が不要なだけでなく、年会費も無料のカードです。
デビットカードを試してみたい、というビギナーの方には特におすすめのカードです。

 

ここまで、デビットカードのメリットについてお伝えしてきました。

 

上に書いたメリット以外にも、例えばデビットカード引き落としに使っている口座を家計簿アプリと連動させることで、現金での買い物よりももっと簡単に家計の記録ができるようになるなど、デビットカードには良いところがたくさんあります。

 

便利なデビットカードですが、

・VISA、JCBなど、カードによって使用可能店舗が異なる
・即時決済だけなので、分割払いでの買い物はできない

など、いくつかの注意点もあります。

 

しかし、注意点をふまえても、デビットカードはお得がいっぱいのカードです。
国内では様々な銀行・金融機関からデビットカードが発行されています。

 

ぜひ皆さんも、それぞれのライフスタイルに合ったデビットカードを比較・検討して、毎日のお買い物をもっと便利にしてみてはいかがでしょうか。

続いて、皆さんが気になる疑問点について答えていきます。

【よくある質問と回答編】 デビットカードの全て

クレジットカードはよく聞くけどデビットカードってあんまり聞いたこと無いな…って人はいませんか?
もしもそんな人が今この記事を見ているなら立ち去らず一つお付き合い願えませんか?

 

これから話す事はデビットカードの素朴な疑問点なんです。
簡単に説明させてもらいますとデビットカードとは「主に金融機関から発行されているキャッシュカードとクレジットカードも兼ねたカード」です。

 

じゃあどういった場面で使えるのか?そもそもどうやって作るの?審査はあるの?と言った疑問について答えていきましょう。

 

Q:デビットカードって審査はあるの?

 

A:基本的にはありません、なぜならデビットカードは即時決済が基本ですので後払い決済が基本のクレジットカードとは違い審査する必要が無いのです。
そして16歳以上からなら誰でも作ることは出来ます。つまりこれを読んでる高校生の貴方も今からもう作れちゃいますよ!

 

Q:デビットカードはどこの場面で使えるの?

 

A:デビットカードはクレジットカード同様にVISAやJCB、MasterCard等と言った国際ブランドの決済機能が付いているのでこのマークがあるお店や通信販売サイト等で「一括払い」で選択すればクレジットカードと同じ要領で使用する事が可能です。

 

またデビットカードの中には携帯や公共料金と言った月額払いや支払った店のポイントも一緒に付くと言うカードも少なからず存在しますのでお得です。

しかし中にはクレジットカードとデビットカードは別と使えないお店も存在するのでデビットカードで買い物する際は使用する前に使用可能なお店を事前にチェックしておけばお支払いの時のトラブルは回避出来ます。

 

Q:デビットカードはどれぐらいの額まで使えるの?

 

A:説明でも触れましたがデビットカードはクレジットカードと違い預金口座と直結している即時払いのカードですので使える金額はそのデビットカード内の口座次第です。

 

例えば10万円が口座に入ってるなら10万円以内でそのカードは使え、その内8万円使ったなら口座に新たに入金しない限りは残り金額の2万円しか使えません。

早い話が有限式のクレジットカードです。不便かもしれませんが見方を変えれば必要以上の散財のストッパーにもなるので浪費癖があるな…と思っている人はデビットカードの方が相性がいいかもしれません。

 

Q:今から作るなら何処がオススメですか?

 

A:これから作るというのなら上の月額支払い対応+500円以上のお買い物でTポイントも付いてくるジャパンネット銀行のVisaデビット付キャッシュカード(ファミマTカード)がオススメです。

 

他にも国際ブランド付きデビットカードを発行している会社はありますので自分はこっちがいい!と思うのがあれば遠慮せずに作っていって下さい。

 

以上がデビットカードの説明になります。

クレジットカードも便利ですがデビットカードもちゃんと調べればこんなに便利な物なのです。日頃のショッピングにデビットカードを使用を検討されてみてはいかがでしょう?

続いて、デビットカードを使う利点についてまとめます。

デビットカードのメリットは何なの?

現金やクレジットカードに加え、もう一つの支払い方法としてデビットカードが注目を集めています。

今回は、デビットカードを作ることで得られるメリットについて、詳しく紹介しますね。

1.デビットカードは無審査で作ることができる

デビットカードはクレジットカードと異なり、銀行に預けているお金から即時引き落としを行う仕組みを取っています。

実際に持っているお金しか利用することができないため、カード会社にとってリスクが無く、無審査でカードを発行してもらえます。

2.クレジットカードと同様に使用できる

デビットカードは、VISAJCBなどのブランドを経由するため、クレジットカードを利用できる店舗であればどこでも使用できます。

実店舗だけでなくネットショッピングでも使用でき、決済がクレジットカードに限られている場合でも、デビットカードを使用して支払いを行えます。

3.大金を持ち歩く必要がなくなる

家電などの大きな買い物を現金で行う場合には、数十万円単位の大金を財布に入れて持ち歩く必要があります。

万が一事件に巻き込まれたり、財布を盗まれたりした場合には大事になりますが、デビットカードを持つことによって、現金を引き出したり持ち歩く必要がなくなりますよ。

4.ポイントが付く

デビットカードを利用して決済を行うと、支払った金額に対してポイントの付与等のサービスを受けられることがあります。

現金での支払いではポイントが付与されない店舗でも、デビットカードを利用することによって自動的に規定分のポイントが貯まるのが嬉しいですね。

 

最後に、国外ではデビットカードはどう評価されているか?について書きます。

実は、海外で流行っているのはデビットカードなんです

海外ではクレジットカードより、デビットカードの方が普及率が高いのを知っていますか?

なぜなんでしょうか?

今回は、デビットカードが海外で指示されている理由をご紹介します。

●使いすぎない!

デビットカードはクレジットカードと違って、代金が銀行の預金口座から直接引き落としされるので、使う分だけ口座に入れておけば使いすぎる事がありません。

 

なのでお金を意識しながら使う事が出来るので、クレジットカードみたく使いすぎてしまうみたいな事を防止できます。

お金の管理意識が弱い方はクレジットカードではなくて、デビットカードがオススメです。

●ATMに下ろしに行く手間が省ける!

お金を下ろしたいけど、近くのATMを探したり、並んだりするのも面倒でATM利用手数料にお金を掛けたくないなどから、開放してくれるのがデビットカードです。

 

よくありませんか?今お金が足りないから口座から下ろさないとって。

デビットカードならそんな面倒はかからないので、使える口座を持ち歩いているようなもので便利なんです。

●気持ちがすっきり!

いつも支払いは一括ですか?

クレジットカードを使っていて、支払いが一括なのであればデビットカードを使った方がいいです。

 

結局今払うものを後にしているだけなので、今払ってしまった方が気分がすっきりしませんか?

人間めんどくさい事や嫌な事を後回しにする癖がありますが、何でも早くやっといて損はないです。

 

デビットカードだとすぐ引き落とされるので後からがないので、後々困る事もないですよ。

●まとめ

このようにデビットカードは現金に近い感じで、計画性を持ちながら使えるのが良いんです。

それにクレジットカードと違って審査などもなくて手軽に作れるので、ぜひ皆さんもデビットカードを一枚作ってみてはいかがでしょうか?

お読みいただき、ありがとうございました。

 

引き続き、【第3章】デザインカード特集です。【デザインカードを保有したい人へ】デザイン性重視の格好いい(可愛い)クレジットカード【まとめ】をご覧ください。